*犬はかすがい*

4パピヨンと2にゃんこの大家族日記*甲状腺機能低下症・膀胱結石・腎臓病・糸球体腎炎いろいろあるけど頑張ってます。

chocoの副腎その後*あいち犬猫医療センター* 

 

***********************

chocoさんの副腎・・・

前回のコルチゾール検査もグレーゾーンで💦
結局、副腎を摘出するか、どうか・・・かかりつけ医に紹介をしてもらって「腫瘍科」のある病院へ行くことになりました。

4月7日土曜日、パパが一緒に行ける土曜日に予約しておきました。

写真_2018-04-07_9_01_19_convert_20180411140139
当日朝のお散歩で。
朝気が付いた・・・この土日は姫様道中だ・・・。だから天気が不安定。
毎年 姫様道中の土日は天気が悪いんだよね(^^;)

写真 2018-04-07 10 57 54
夢はホントに車が苦手💦
車が苦手っていうより動くのが怖いんです(大きな図体して怖いだなんてねぇ・・・)
走っている間中、横になることも出来ず頭を垂らしてゲンナリ(=_=)
パーキングで止まった途端にバッタリ横になり眠る(笑)

さてさて着きましたよ。

写真 2018-04-07 13 08 28
12時半の予約だったから11時に家を出れば余裕で間に合うな・・・
と思っていたのに、パパが珍しく早く準備をして 行くぞ!!って💦
1時間も早く着いちゃったよ💦

先生が14人もいる病院なのでさぞかし大きいと思っていて・・・
凛と夢もカートINしてれば大丈夫♪なんて思っていたら・・・

ビックリするくらい狭い(^^;)

誰一人カートなんて使ってないし(使える状況にない)
これじゃ多頭飼いなんてムリムリと思いました。

さてさて。
chocoさんはどうなったのかというと・・・

預けて検査をしてもらったところ、片方の副腎はやはり19ミリに肥大(通常3ミリ~4ミリ)
ただ他の臓器には一切転移していないことから悪性のものではないのではないか・・・?とのこと。

先生いわく
「副腎の摘出手術は死亡率が高く、日本で一番の名医と言われている先生が摘出手術したとしても2~3割の死亡率だと言われています。リスクを考えたら手術しなくても良いのではないでしょうか?」とのこと。

先生は「犬の寿命は平均で14才、この子があと3年の寿命だと考えると今手術を選ばなくても・・・」と。

ん~。あと3年だとは思ってないけどね。
言いたいことはよく分かる。

でも最後に 「摘出手術をご希望でしたらできますよ」 と・・・。

結局どちらにするのか飼い主次第ってことじゃん。

私もパパも今回もし 「摘出手術したほうが良いですよ」と言われたら手術も考えたと思います。
けど、「どちらでも」って事ならやめようと思っていました。


実は私が普段見ているブログのワンちゃんが全く同じような状況なんです。
その子も甲状腺機能低下症、そして片副腎が肥大してきて12ミリ。
その方のブログによると 「一般的に10ミリを超えたら病的とされる副腎のサイズ。腫瘍化が疑われるレベルの大きさ。今後放置すれば副腎はより肥大し、場合によっては癌化し、周囲の血管や神経を巻き込みながら全身に転移する可能性もあるため摘出術を決めました」 と。

その判断が間違ってるとか言うんじゃないんです。
ただ同じ状況でも手術を選ぶ先生や飼い主さんもいるってこと。

PANくんの時のことでよく分かったのが 「どんな治療をするのか全ては飼い主次第。そして何が正しいのかは飼い主が選んだ方法がいちばん正しいんだ」 ってこと。

人から見たら私たちがPANにしてきたことも、もしかしたら「やりすぎじゃん」って思われていたかもしれない。
けど、迷って考えて選んだ方法だった。

今回のchocoのことも。
もしかしたら数年後、癌化して あの時に摘出していれば・・・と後悔するのかもしれない。
でも自分たちが真剣に考えて選んだ方法なんだってことをその時に思い出せたらいいな・・・と思います。

写真 2018-04-07 13 14 36
はいはい。

ちなみにchocoさんの膀胱結石はやはり再発。
6ミリ程度の石が確認されました💦
こればかりはどうしようもない・・・体質ですから。と言われちゃいました。

今年いっぱいもつのかな~。
どうかな~。
また手術かぁ~。
母さん働かなきゃだなぁ~💸




病気と闘っているたくさんのワンちゃん猫ちゃん、飼い主さんみんなに穏やかな日々が続きますように・・・

応援のポチ★ありがとうございます。

この方↓の闘病生活がありますので、引き続きブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村

PANくんのポチも参加させていただきます。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
にほんブログ村






category: 通院記録

tb: --   コメント: 0

△top

ACTH濃度測定*グレーな男* 

 

********************

先日凛の歯石除去手術の時にchocoの再検査もしてきました。

①高脂血症の再検査は12時間絶食の状態での血液検査。
②ACTH濃度測定(副腎のコルチゾール分泌機能の数値を測るため)は最初に採血をしてACTHを投与後1時間おいてからまた採血するもの。

午前中は病院が混雑するため②の検査は夕方凛を迎えに行った時の方が良いとのこと・・・
でもそれまでずっと絶食なのは可哀想なので①は午前中に凛を連れて行った時に検査してもらいました。


ブル男くんは相変わらず・・・
写真_2018-03-08_1_26_52_convert_20180308081610
病院が怖すぎて、今度はヘラヘラ笑ってみる・・・💦

採血するだけなのに・・・・


病院へ行くたびに、悲しくなる。
待合室にいるときはまだいいんだけど。
先生が来るまで診察室の中で待っててください・・・って言われるんだけど。
息をするのも苦しくなるくらい・・・・
正直、苦しすぎて診察室から出たくなる。

毎日毎日、PANと行った病院。
パパは 「オレはまだ行きたくないな」 って言うけどさ。
私だって行きたくないさ。


さて・・・・

chocoさんの検査結果は・・・

①の高脂血症は絶食時でも高く、やっぱり高脂血症。

②の結果は・・・

右下の手書きで書いてある数値です。
写真 2018-03-08 8 03 35
これだとグレーゾーンだそうです💦

グレーな男・・・・(-_-;)
そのまんま。ハッキリしない男なんだよ。

そしてALPは 1738 (正常値47~254)
なんだかねぇ・・・。

グレーなお陰でこの先の治療方針は飼い主の判断となりました。

①このままホームドクターのところでALPを下げる薬を始める。
  (デメリットは薬を始めることでBUNなど他の数値が高くなる可能性が高い。)
②大学病院などでセカンドオピニオンを受ける
  (肥大している左副腎の摘出をするかどうか検査をしてもらう)
  (デメリットは副腎が片方になった場合、バランスが悪く可能性がある)

結局どちらにしても、やってみないと分からない状態。
①を選んだ場合、投薬だけではダメで数年後に手術・・・となる可能性もあるそうです。

んー・・・・・・悩む。
ただいま11才、手術をするのなら早い方が良いとは思う。
でも今はとりあえず元気なんだよね。
数値は悪くても元気だからさ、わざわざ手術しなくても・・・と思っちゃうんだ。
ただ息が荒いとか皮膚の状態が良くないとか・・・あるんですけどね。
見た目は元気に見えても本人はツラかったりするのかな・・・。

あのさ・・・・自分で決めてくれない?
写真 2018-03-12 19 19 13

だよね~。


写真_2018-03-07_7_30_59_convert_20180308081545
ねぇPANくんは強い子だったよね~。


病気と闘っているたくさんのワンちゃん猫ちゃん、飼い主さんみんなに穏やかな日々が続きますように・・・

応援のポチ★ありがとうございます。

この方↓の闘病生活がありますので、引き続きブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村

PANくんのポチも参加させていただきます。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
にほんブログ村



category: 通院記録

tb: --   コメント: 0

△top

凛ちゃん歯石除去*7本抜歯しました* 

 

*************************

今月11才になる凛

麻酔のリスクを考えると、そろそろやっておかなきゃな・・・と思っていました。

我が家には特大パピヨンのchoco、大パピヨンの夢、中パピヨンの凛、小パピヨンのPANくんがいました。
4匹見てきて歯周病になるのってやっぱり小さい子かな・・・と思います。
歯と歯の隙間がないからなのかな?
chocoと夢は本当にキレイな歯をしています。

凛は歯磨きをしていて私が確認できるだけでも3本の歯がグラついていました・・・。
今回日帰りでできるかどうかも血液検査の結果次第だったのですが、検査結果が良好だったので日帰り👌

ついでにchocoの再検査も・・・(ややこしいのでchocoの事はまた後日)

写真 2018-03-06 10 16 11
ねぇさん・・・何だかとっても他人事の顔をしていますがね・・・・

主役はあなたなの。
写真 2018-03-06 10 17 27

午前中に預けて、午後2時半に無事に手術が終わって麻酔から少し覚めました・・・と電話を頂きました。

そして迎えは18時
写真 2018-03-08 8 00 56

抜歯したのは7本・・・💦

写真 2018-03-08 8 05 44

凛は舌ベロが長ーーーーいので犬歯を抜くと舌ベロ出ちゃうから…と先生が残してくれました(;^_^)
でもポケットが深くなってるので気を付けてください!!との事・・・・


麻酔をかけたついでにレントゲンを撮ってもらいました。
写真 2018-03-08 8 02 11

最近逆クシャミとは別のガチョウの鳴き声のような咳?が気になってたの。

やっぱり「気管虚脱」でした。

加齢や太りすぎで気管支が潰れちゃうもの。
先生からは「太りすぎって程じゃないから、これ以上体重は増やさないようにする程度で良いと思いますよ」と言われました。
この辺は先生によって違うと思います。
痩せ気味が好きな先生だと凛くらいになると「太ってる」と言うと思います。

写真 2018-03-08 8 02 39

加湿したり、興奮させないように気を付けること。
悪化しない限りはそのまま、喘息のような症状が出たら投薬で少しは良くなるのかな?

他に良い予防策があれば教えてほしいな・・・と思います。

今回は縫ったこともあり、何だかグッタリしている凛。
当日夜も「ヒューヒュー」泣いてて・・・珍しく凹んでるな・・・と感じました。

写真 2018-03-07 12 52 34
翌日の凛ちゃん

やっぱり年齢のせいかな・・・回復に時間がかかります。
(2日後の今日はもっと元気なので大丈夫です)

先生に勧められた口内環境を良くするっていうサプリ

20170512_peroone_ky_028.png
試供品を頂いたのですが・・・
やっぱり凛は舐めない💦
予想はしてたけどね・・・フードに混ぜる粉末のものならいけるかな・・・と思ったけど。
こちらはジェル状になってて単体で舐めさせるものなんです。

何でも喜んで食べる夢は全く問題なしで舐めましたけどね(;^_^)


なので我が家ではこちら↓を購入してみました。
写真 2018-03-08 13 11 52

朝はデンタルパウダー、夜はデンタルジェル
歯磨きは今までは歯ブラシを使っていたけど、先生から表面のヌルヌルを拭きとる方が効果があると言われ、シート状のものに変えました。


口内環境も乳酸菌が大切なんですね。

写真_2018-03-08_13_45_28_convert_20180308134827



病気と闘っているたくさんのワンちゃん猫ちゃん、飼い主さんみんなに穏やかな日々が続きますように・・・

応援のポチ★ありがとうございます。

この方↓の闘病生活がありますので、引き続きブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村

PANくんのポチも参加させていただきます。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
にほんブログ村





category: 歯周病

tb: --   コメント: 0

△top

choco・凛・夢の通院* 

 

*******************

今までの私、PANくんの通院から1日が始まりました・・・

全てがPANくん基準で、私が事務仕事をするか、しないかもその日のPANくんの体調次第だった。

今は・・・・

写真 2018-03-02 10 24 31
PANくんの周りのお掃除をして…

写真 2018-03-02 10 23 59
毎日その日の天気や気分で写真の表紙を変えます。

ちなみに毎晩寝るときは遺骨をみんなと一緒の部屋に持っていきます。

それくらいのことしか出来ないだなんてね・・・

*******************

先日chocoを病院へ連れて行きました。

PANくんが毎日通っていた病院です。

しばらくは行きたくないな・・・・
と思っていましたが、行かなきゃいけない理由ができてしまって・・・

車で30分・・・
毎日PANと話しながら通った道。
二人っきりの時間は私にとって宝物なんだよ・・・

ふと隣を見るとchocoが・・・・
写真 2018-02-16 10 55 17
あー。chocoもPANくんのこと思い出してるのかな・・・( ノД`)シクシク…

って・・・・
そんな訳ないか・・・・


写真_2018-03-01_21_22_36_convert_20180302115331
自分の心配かよっ💦

久しぶりに病院へ入ると受付にいた看護婦さんたちがいつもと変わらない笑顔で迎えてくれました。



写真 2018-02-16 11 16 19
PANくんのお気に入りの椅子が空いていたけど座ることはできなかった・・・・

椅子を見て泣いてるなんて知らない人が見たら奇妙だろうな・・・
と思いながらも涙が止まらなかった。


写真_2018-03-01_21_26_01_convert_20180302113821
そーだよね。PANくん。
おにいちゃんは怖がりさんでダメダメだよね!!


写真_2018-03-01_21_03_15_convert_20180302113759
ママだってね、ぶるぶる震えっぱなしのドデカい小型犬を連れて病院なんて来たくないのよ。
でもね、「膝の内側にしこりが出来てます」 ってトリマーさんに言われてさ。
仕方なく連れてきたんだから、大人しく診察してもらってよね!!

PANくんがこの病院へ通院していた1年ちょっとは他の3匹は別の病院へ行っていました。
そのS病院は地元でも「安い」と有名。
確かに安いです(メッチャ安い)
ただ・・・普段診察台に乗っても体温も心拍数も口の中も・・・何も見ません。
安いけど、安心して任せることはできない(私は)
今後はやっぱりこちらにお世話になろうかと思っています。

chocoは膀胱結石の手術を4回しています。
甲状腺機能低下症は7才から。ずっとお薬を飲んでいます。
そして私がずっと気になってるのは副腎
今現在は片方が13ミリ。

とりあえず詳しい検査をするために血液検査は院内、外部両方にお願いしました。

そして戻ってきた外部検査の結果。
写真 2018-02-27 12 37 09 (1)

・T4(甲状腺ホルモン)の数値は正常なので甲状腺機能低下症の薬は今の量を続けていけば良いとのこと。

・総コレステロール、中性脂肪が高く高脂血症。次回絶食で再検査。

イチバンの問題はALP(正常値49~298)のところ、1055 ってこと。
先生いわく、「外科手術の好きな先生だったらこの数値だと副腎の手術を勧めると思います。」 とのこと。
先生はACTH(コルチゾール)テストをしてから決めても良いのでは・・・?と。

6日に再検査してから決めることにしました。

ちなみに膝の内側のしこりは細胞検査をしたら ただの脂肪 でした(^^)
まっ。こんなこともなければ、こんなに早く病院へ来ることもなかったのだから・・・
結果オーライですね。

PANくんはいつもお利口で、自慢の息子でした。

写真_2018-03-01_21_14_54_convert_20180302113740

そして後日・・・・

凛と夢を連れてまた病院へ・・・・

夢は9種ワクチンを。
凛は歯石除去の相談と、血液検査を。

凛も今月11才になるので院内、外部両方の検査をお願いしました。

写真 2018-02-27 12 36 14 (1)

「血液学上、治療の必要な異常はありませんでした。すばらしいことです。
今後も健康に気を付けて下さい」

去年に引き続き、凛は花丸💮をいただきました。
いちばん弱っちい子だったのが今では健康優良児!!
ちょっとビックリだけどね。


パパがね、凛は20才まで生きれるかもな。
あと9年?PANの一生分?
お前ずるいなぁ・・・・

って。

そう、いつもいつもPANの話題になっちゃうんだよね。



病気と闘っているたくさんのワンちゃん猫ちゃん、飼い主さんみんなに穏やかな日々が続きますように・・・

応援のポチ★ありがとうございます。

この方↓の闘病生活がありますので、引き続きブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村

PANくんのポチも参加させていただきます。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
にほんブログ村


category: 通院記録

tb: --   コメント: 0

△top

2月3日~2月5日*最後の3日間*  

 

************************
泣いて泣きはらしてる毎日かと思いきや、逆にフワフワしている中にいます。

私も旦那もまだ認められないっていうか・・・

PANくんの事を知ってる人とは敢えて会わないようにしています。

亡くなったことも話したくない・・・

こんな感じでいいんだろうか…とは思うけど。




2月3日
身体中の力が無くなってオシッコが出ない。
カテーテルで出してもらったら200㏄くらい出た。
やっぱり体重は1.8キロくらいしかない。
エコーで診てもらったら腹水と胸水もある。
息が荒いのは胸水のせいだと。
いつ心臓が止まってもおかしくないと言われる。
今夜か明日が峠になるだろう・・・って。
輸血をすることを決めた。
カルシウムとぶどう糖も補充


写真 2018-02-03 13 35 16

カルシウムの数値がとても低いので針は刺したままにしてもらい帰宅後も「生理食塩水・ぶどう糖・カルチコール」を補充できるようにしてもらいました。

この日は夜遅くに長男が帰省してきてくれました。


2月4日
水だけは飲み込んでいたのに、もうペロペロすることもできなくなってしまった。
眼を閉じないので角膜がベロンベロンに剥けてしまった。
昨夜はほぼ一睡もしなかった。
水を飲ませるシリコンで唇がただれてしまった。


水を飲ませるのにシリンジの先に哺乳瓶のようになっているものを使用していました。
そのシリコンで唇がただれてしまう・・・そこまで抵抗力が落ちたか・・・と落胆したのを覚えています。

この日、他県に住む姉夫婦と従妹のクッキーがPANくんに会いにわざわざ来てくれました。
姉は私よりボロボロ泣いててね・・・私の方が泣きたいのにね(笑)
でも姉たちが来たときはとても体調が良さそうでね。
今思ってもPANくんは本当に強い子だったなぁ・・・って。

きっと会いに来てくれたのが嬉しかったんだね。

写真 2018-02-05 7 24 00
2月5日の朝
一睡もしなかったPANくん。

でも朝が迎えられたことがとても嬉しかった。

長男が千葉に戻る日でした。きっと会うのはこれが最後と分かっていたから。
長男はなかなかPANと離れられずにいました。


2月5日
病院で酸素室の相談をした。
レンタルできる業者を紹介してもらい帰宅後パパに相談したら「今日届けてくれるなら頼めばいい」と言われた。

午前11時市内の業者に電話すると準備に30分かかるから12時くらいには届けられると思うと言われた。

12時20分業者が来て設置していった。

抱いてるPANの姿を見て「あまり良くない状態なんですね」と言った。

私一人で酸素室に入れるのが怖かったからパパが来るのを待って13時にPANくんを酸素室に入れた。
目が見えなくて怖いのか初めは私たちを探した。
入口から手を入れてPANくんの口元を撫でると安心して眠る。
手を抜くと居ないことに気が付いてまた探す・・・を何度か繰り返す。
10分くらいすると落ち着いて眠りについた。
酸素室に入って40分後、とても呼吸が落ち着いて見えた。

こんなにしっかり眠れているPANを見るのは3日ぶりで、もしかしたらこのまま良くなるんじゃないかと思ったくらい。

16時すぎchocoたちの散歩に行くから・・・と母に来てもらい見ててもらった。

16時40分散歩から帰ってきて酸素室からPANを出して抱っこする。
この時、とても違和感を感じたのを覚えている。
お昼過ぎに抱っこした時も首がグラグラしてたけど更に身体はグニャグニャで、まるで産まれたての新生児を抱っこしているみたいだった。
そう思っていると同じタイミングでパパが仕事を終えて2階に上がってきた。
普段は17時半ごろにならないと上がってこないのに…珍しいと思った。
私がPANを抱っこしたままパパがシリンジで水を飲ませる。
この時、抱っこして顎の下にタオルを挟もうとしたらPANくんは自分で顎を上げた。
いつも通りの事だけど今考えると死の直前なのに凄い子だなぁ・・・って思う。
お水は嫌がらずに飲んで安心した。
パパに抱っこを代わり、少しするとパクパク口を開けて何か話す。
そうしてもう一度、パクパク口を開けて話す。
その後、大きく口を開けて深く息を吸い込む。
もしかして?と心臓を触るともう止まっていた。
時計を見ると17時ちょうどだった。






パソコンからは何度やってもアップ出来なかった酸素室でグッスリ眠るPANくんの動画。

酸素室をレンタルしたことも正しかったのか…どうかは今となっては分からない。
この時が最後になると分かっていたら酸素室なんかに入れないで抱いていれば良かった‥‥と後悔したり。
酸素室があったからパパが来るまで待てた‥‥とも思えるし。
どんなに考えても答えは出ないから、少しでも楽になれたなら良かったと思うしかない。

私は神様に一つだけ最後のお願いをしていた。


どうか苦しまず逝かせてください。


痙攣を起こすこともなく、本当に穏やかな最期でした。

今でも旦那と話す。
最後に 「もういくね」 「ありがとね」 って言ったよね・・・と。

クールでマイペースで誰にでもニコニコするタイプの子じゃなくて。
私たちにしか見せないたくさんの表情を持つPANくん。


心残りなのは・・・
やっぱり8才までしか生きさせてあげられなかったこと。

みんなは言うの。
3才までしか生きられない・・・って言われてきたんだから十分じゃない‥‥って。


そんなこと。
そんなこと私たちには関係なかった。

健康な子の半分しか生きられなかった。

やっぱりね。それがイチバン心残りなんだよ。

まだまだ一緒にいたかった。

ただそれだけなのにね。

写真 2018-02-13 13 02 50

PANくんはお花畑の中にいます。

みんなに愛されてたPANくんは幸せだなぁって思います。


さよなら するまでもう少し時間がかかりそう。






病気と闘っているたくさんのワンちゃん猫ちゃん、飼い主さんみんなに穏やかな日々が続きますように・・・

応援のポチ★ありがとうございます。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村

category: 慢性腎不全

tb: --   コメント: 0

△top

script async src="//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js">