*犬はかすがい*

2018年2月お空組になったPANくんと3匹のパピヨンのこと。

PANくんのこと… 

 

今週はじめのこと。

急にPANくんの具合が悪くなりました。

DSC01930.jpg
普段抱っこは嫌うPANくんが珍しく自ら膝の中に入ってきて抱っこをせがむ。
抱っこをするとすぐにコテンと寝てしまう。
自分で歩いてトイレや水を飲みに行かない。
少しだけ歩く姿はまるでロボコン。(後ろ足が曲がらない)
他の子がワンワン鳴いても鳴くこともしない。
顔色が悪い(これを犬飼いでない人に言うと笑いますが・・・(;^_^)

週末のお出掛けの疲れかと思っていたけど火曜日の午後、全く症状が良くならないので病院へ・・・

症状を話すと先生からは「まず疑われるのは多発性関節炎ですが、とにかく血液検査などしてみましょう」と。
多発性関節炎とは免疫の病気です。いわゆるリウマチ。

そして検査結果・・・
写真 2016-09-17 21 38 25

BUNとクレアチニンは腎臓が悪いので仕方ないです。
アルビミン➡肝臓
アミラーゼ➡膵臓
写真 2016-09-17 21 38 54
炎症反応は5.4って・・・ビミョー💦

超音波検査では異常に胃の動きが悪いと。
そして血液検査・尿検査・エコー検査の結果を総合すると一番疑われるのが「膵炎」でしょうと・・・
膵炎を特定するには血液を外部検査依頼しなければいけなくて結果が出るのは翌日、または翌々日。
膵炎だとすると早期治療が必要なので今日から入院して点滴するのが良い…と勧められました。

でも腎臓の悪いPANくんにはストレスが一番良くない・・・
と考え、とりあえず今日は帰ります!と言いました。
すると「水曜日(翌日)は休診日なんですが対応しますので朝10時に体調の連絡をください!」とおっしゃって下さいました・・・
ありがたや~~~~~。

家に帰ってもやっぱり体調の悪いPANくん・・・
やっぱり点滴した方が良かったかな・・・とちょっと後悔。

翌日パパも一緒に朝んぽ。
でもほとんどPANくんは歩けず・・・
まぁ朝も自分で起きてこれなかったし・・・お散歩できる状態じゃないよね💦
やっぱり点滴した方かいいね。と・・・
10時に先生に電話をし、点滴となりました。
夕方5時に迎えに行くと外部依頼していた膵炎の結果が出ていました。

結果は・・・膵炎ではなーーーーい!!

良かった~。
ホントね。膵炎だとずっと点滴しなきゃいけないから入院だし・・・
もうね・・・本当に良かった!!

ただね・・・

じゃあ何なの?

相変わらずロボットのようなPANくん。

次に疑われるのがやっぱり多発性関節炎(リウマチ)
ただね・・・
腎臓が悪いので麻酔ができず・・・
この検査は痛みに強い犬でもガマンできないくらい痛いらしいのです。
とりあえず来週まで様子を見て・・・それでも治らなければ検査します。と帰宅。

それから4日・・・・

ロボコンはワンコらしく歩くこともできるようになりました。
多発性関節炎は人間のリウマチと同じで痛みが移動するんですって。
だから治ったかと思ってもしばらくすると他に痛みが出たり・・・
ただの仮病だったのか、それとも痛みが治まっているだけなのか・・・・
経過観察中なのでハッキリとはしていませんが・・・・

PANくんの笑顔が何より嬉しい♪
目が生き生きしているPANくんを見ていると私も幸せ!!

元気でいてほしいな!!と心から願います。


ブログランキング参加中♪ポチしてくれると凛ちゃん喜びます(^^)
にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
にほんブログ村




category: choco&凛々9才&PAN6才&夢1才

tb: --   コメント: 2

△top

コメント

 

心配で心配でたまらないね・・・・・。
これ以上PANくんが悪くならないように・・・
そしてどんどん元気になるように祈っています。

papiruiママ #- | URL | 2016/09/18 08:15 | edit

Re: タイトルなし

ありがとう(:_;)
ワンコが多いって事は幸せもたくさん。
でも悩みもたくさん。だね…
PANくん3才までしか生きられないって言われていたの。
今6才なんだ。がんばってるでしょ。
だから欲はかいちゃいけないって分かってるんだけどね…
でもやっぱりもっともっと一緒にいたい・・って思うよ。

papiruiママさん #- | URL | 2016/09/21 21:05 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

script async src="//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js">