FC2ブログ

*犬はかすがい*

2018年2月お空組になったPANくんと3匹のパピヨンのこと。

ACTH濃度測定*グレーな男* 

 

********************

先日凛の歯石除去手術の時にchocoの再検査もしてきました。

①高脂血症の再検査は12時間絶食の状態での血液検査。
②ACTH濃度測定(副腎のコルチゾール分泌機能の数値を測るため)は最初に採血をしてACTHを投与後1時間おいてからまた採血するもの。

午前中は病院が混雑するため②の検査は夕方凛を迎えに行った時の方が良いとのこと・・・
でもそれまでずっと絶食なのは可哀想なので①は午前中に凛を連れて行った時に検査してもらいました。


ブル男くんは相変わらず・・・
写真_2018-03-08_1_26_52_convert_20180308081610
病院が怖すぎて、今度はヘラヘラ笑ってみる・・・💦

採血するだけなのに・・・・


病院へ行くたびに、悲しくなる。
待合室にいるときはまだいいんだけど。
先生が来るまで診察室の中で待っててください・・・って言われるんだけど。
息をするのも苦しくなるくらい・・・・
正直、苦しすぎて診察室から出たくなる。

毎日毎日、PANと行った病院。
パパは 「オレはまだ行きたくないな」 って言うけどさ。
私だって行きたくないさ。


さて・・・・

chocoさんの検査結果は・・・

①の高脂血症は絶食時でも高く、やっぱり高脂血症。

②の結果は・・・

右下の手書きで書いてある数値です。
写真 2018-03-08 8 03 35
これだとグレーゾーンだそうです💦

グレーな男・・・・(-_-;)
そのまんま。ハッキリしない男なんだよ。

そしてALPは 1738 (正常値47~254)
なんだかねぇ・・・。

グレーなお陰でこの先の治療方針は飼い主の判断となりました。

①このままホームドクターのところでALPを下げる薬を始める。
  (デメリットは薬を始めることでBUNなど他の数値が高くなる可能性が高い。)
②大学病院などでセカンドオピニオンを受ける
  (肥大している左副腎の摘出をするかどうか検査をしてもらう)
  (デメリットは副腎が片方になった場合、バランスが悪く可能性がある)

結局どちらにしても、やってみないと分からない状態。
①を選んだ場合、投薬だけではダメで数年後に手術・・・となる可能性もあるそうです。

んー・・・・・・悩む。
ただいま11才、手術をするのなら早い方が良いとは思う。
でも今はとりあえず元気なんだよね。
数値は悪くても元気だからさ、わざわざ手術しなくても・・・と思っちゃうんだ。
ただ息が荒いとか皮膚の状態が良くないとか・・・あるんですけどね。
見た目は元気に見えても本人はツラかったりするのかな・・・。

あのさ・・・・自分で決めてくれない?
写真 2018-03-12 19 19 13

だよね~。


写真_2018-03-07_7_30_59_convert_20180308081545
ねぇPANくんは強い子だったよね~。


病気と闘っているたくさんのワンちゃん猫ちゃん、飼い主さんみんなに穏やかな日々が続きますように・・・

応援のポチ★ありがとうございます。

この方↓の闘病生活がありますので、引き続きブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村

PANくんのポチも参加させていただきます。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
にほんブログ村



category: 通院記録

tb: --   コメント: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

script async src="//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js">